M1グランプリとすべらない話 - お笑いについて思うこと -
<M1グランプリ>

M1グランプリ、最後ということで、見た。

最近のお笑いの人たちのコントや漫才のバイタリティーやスピード感、技術はほんとうに凄いな!とここ何年も←思っているんだけど、民放のテレビ自体をあまり見なくなったので久々。

何というか、凄いのは凄いんだけど、ちょっと何かがいろいろ煮詰まっているのかな的なもんはやっぱ感じた。笑い飯の優勝なんてある意味その象徴。何かに優勝するようなコンビじゃない(昔は超好きだったんだ)。彼らについてはどんどん劣化していってると思う。それは、若さや勢いが彼らのスタイルを助けたり、それが楽しかったりした昔に比べて、現在は、未だに表現力(演技力や滑舌)がなさ過ぎたり、基本的に知性や知識の幅がない内容、小学生の様な発想ベースという感じだから。あのスタイルのままなら、これからどんどん年をとるごとに厳しくなってくると思う。

そんなことよりもスリムクラブ!おれ彼ら、何だろう…レッドカーペットかなあ、ずいぶん前に何かで見て感動というか爆笑して、何こいつ(ボケのハスキーな人)異常!!てなって、そこだけ何度もビデオを見返した記憶がある位で、超好きで気になってたんだけどここ何年かで2回位しか見たことないorzという感じだったので、すごい嬉しかった。あの人消えてない!てか伸びてる!と。

あと、審査員…のチョイスやその制度も良く分からないけど、それは置いておいて、多くの審査員が「これが漫才なのかどうか云々」という不細工なフレーズを頻出させてた。そういう事を言うのなら「予めやる側がちゃんとレギュレーション敷いとけよ」と思った。事前にネタに関する決めごとをはっきりさせておいてかつそれを演者に伝えておくということ。何回もやってるんやから。どんなスポーツも、選手がプレーしながらルールを考えつつそれをその場で守りつつなんてあり得ない。審査員がそれを言う度、しらけるし、お粗末やなと。少なくとも現場でコメントする事じゃない。大会そのものの骨格の薄さ、いい加減さを感じた。


<すべらない話>

この番組、いつも半分くらい楽しくて半分くらいなんじゃこりゃ?と思う。
みんなそんな感じなんじゃないかな。

細かくは、敢えて言うことってないんだけど、大きいところで1個ストレスがあって、それは、

豪華な芸能人のゲストを多数迎えて、ゴージャスな雰囲気の中で、みんな正装で厳かに、というアッパーなコンセプトなのであれば、

しっことかちんことかキンタマとかいう下ネタは、せめてなんとかならんのか。

という部分。

それこそ、小学生やないんやし、てかあんたら…プロでしょ?と、おれはいつもガックゥ…なるんだけど。

別にそういうネタ自体を否定してる訳でなくて、そういうレベルでやるんなら、笑笑とか居酒屋貸し切って、演者みんなジャージ姿で、そこに小中高生の一般客でも集めたロケでやれと思う。そういうのが似合うレベルでしょ?という。

実は、芸能人の知性なんてこんなレベルなんすよ、アホばっかでしょ?という、ディレクターの高度なペーソス(皮肉)を表現しているの?…たぶん違うでしょ。

すべらない話については以上。


<このエントリーで言いたかったこと(最後のセンテンスに特に集約)>

松本人志とか筆頭だけど、お笑いの人って、頭の回転や反射神経、度胸や現場経験は凄いんだけど、もともと生きてきたバックボーンとして知性や品格を育む時間がなかったというような、そしてそれが有名になってもそのままで、結局表現や知識の内容、振る舞いが“幼稚”なままになってしまっているという人も多い。

おれが尊敬する人が、お笑いというジャンルに限って全然いないのはそのせいのような気がする。日常生活レベルの文化的引き出しの狭さというか。。お笑いの社会的な地位が未だなんとなく低い感じがするのは、そういうことのせいだと思うんだけど、本人ら自身あまり分かってないのか、売れてどうでもよくなるのか。ざんねん。
2010/12/28 | 独り言 | コメント:2 | トラックバック:0____
ゴーストトリック(GHOST TRICK) / iPhoneアプリ
dog.jpg

久々に、毛色の新しいゲームをした気がする。塊魂以来くらいか。
ピタゴラスイッチのような装置トリックを解きながら読み進めるアニメストーリー、みたいな感じ。

これ、半年前にNintendo DS用ソフトとして発売されて、それで終わり、ということだったらたぶんエントライズしてないと思うんだけど、何でエントライズしたかというと、

大手ソフト会社が費用と労力をかけて作った良質なソフトなのに、

・発売されて半年でiPhoneで発売

されて、かつ

・新品5,000円くらい(DS)なのにもう1,200円(iPhone)

という点。

日本のゲーム業界は今非常に厳しい、とは聞いていたし、故にマーケティング的に計算できる続編ソフトみたいのばっか出てきて、故に刺激もなくどんどんつまんない事になる、という悪循環なんだろうなあとは思っていたけど、大手が作った完全な新作ソフトで、かつ内容も丁寧に作られた優良ソフトでも、ほんとにセールスに結びつかないんだ!ということを実際リアルに目の当たりにしたショック。(後でもう少し細かく述べます)

ゲームのセンスというか全体のニュアンスは、

「逆転裁判」

のプロデューサーさんが作ったものみたいなので、それをやった人ならぴんと来ると思いますけど、その台詞回しやユーモア、ギャグ?的な要素、とってもセンスがあって楽しかったです。

メインである、パズル解きの部分とストーリー部分も、とても独自性があって、インターフェースも良く、バランスも飽きさせず、概してはとても良かったと思います。

いちばん良かったのは、グラフィック(3D)の、すごく丁寧に心を込めて作られたのが分かる可愛い動きです。
ほんとこれまでやったゲームでいちばんリアルに人間ぽくかつアニメぽい、絶妙な可愛い動きだと思いました。

キャラは特徴的過ぎてちょっとへんてこりんですけど、でも素敵な絵だと思います。

と、こんな良いソフトが、DSの方での初動売り上げが(おそらく相当)悪かったため、異例のiPhoneでの早期発売ということになったんだと思いますけど、iPhoneのゲームソフト価格の相場はDSなどの例えば5分の1ほど。ただしこれまでは、昔のソフト(ストリートファイター2とかパックマンとか)、すでに回収し終わったソフトを売るのでいくらであっても黒字みたいなというパターンだったので普通だったのですが、これはちょっと例外的。この値段では回収どころか、赤字をどれだけちょっとでも減らすかミッション、みたいな感じなのではないでしょうか。

素敵なゲーム紹介、のつもりが寂しくなってきました。。

でも、そういう裏側に思いを馳せないなら、こんなに格安で上質で新しいゲームがiPhoneでその場で手に入るなんて、古本市場真っツァオなありがたさです。

しかも、このゲームの場合、全18話とかくらい(1話完結でなく繋がってます)?からなるんですけど、1話&2話は無料でダウンロード出来ます。

もう完璧ですね。完全に自分で全てを判断して買える訳です。

この条件で買って文句を言うと、もはや自分の判断も人のせいにしてしまう凄く恥ずかしい人、というのを証明しちゃうだけなので注意しましょうクラスの、良心的さです。

iPhoneを持っている人はまずは無料なので、ダウンロードして、判断してみてください。
→ ダウンロード (iPhone用 iTunes App Storeへ)

→ 公式サイト
続きを読む
2010/12/18 | お気に入り…こと | コメント:2 | トラックバック:0____
ミナミの大たこ
大阪ミナミの大たこという屋台のたこ焼き屋。

ニュースでいろいろ出てたけど、たまたま、つぶれる直前に通りかかって、せっかくなので初めて食べた。

ソースも生地も、そして大きさも、大昔のたこ焼き。
懐かしくて正当派、とも言えるけれど、何これ?という位、何でもない一品。

タイプとしてはもっとも小粒で、特長がないのが特長の素朴さ。本体に出汁味もなく食感どうこうという生地や加熱でもなく香りもない。要は手間や材料費のかかってない、戦後の駄菓子みたいな風情。立地を考えると仕方ない…と普通は思える値段についても、この店の場合不法占拠で家賃を払ってないという事なので、この6個300円という値段は暴力的に高い。(たこが大きいからどうのの範疇は遙かに超えて)

結局、大晦日の夜店×365日みたいなもんなのだろう。月に1,000万も頷ける。そういうタイプのお店。
続きを読む
2010/12/16 | 独り言 ____
スカパー!ではJリーグのリーグ戦だけを見ているという人のためのちょっとした節約技
僕はスカパーe2に加入して、Jリーグだけを観ています。

1月と2月はJリーグはありませんが、基本料金(500円程)だけを支払って契約を続けるという事は出来ないため、これまではJリーグの契約(2,500円程)を、見もしない500円程の安いチャンネルに切り替えて若干の節約をして、2ヶ月を過ごしていました。

でもそんな事する必要はなかったです。今日改めて調べてみて分かったのですが、

・一度解約しても、一年未満の再入会なら入会料金(3,000円くらい)はかからない。
・解約する際、Jリーグが再開する3月に再入会する予約をしておけば、勝手に再入会しておいてくれる。

という事で、カスタマーセンターに電話をして10分ほど話せば、1月と2月の余分な経費(僕の場合、合計2,000円程。Jリーグの契約を続けている人は6,000円程)を節約出来て、あとは自動的にJリーグが始まると見れる様になる、という訳です。


<補足説明>

解約は、PCでは出来ないので、カスタマーセンターに電話する必要があります。その際に、再入会予約をしておくという事です。(放っておいても再入会については聞かれますけど)
再入会の予約をした場合、3月2日~4日は、テレビはB-CASカードを差した状態かつ主電源はON(待機電源状態)にしておく必要があるそうです。その期間にアンテナを通じてテレビの契約状態を再度アクティブにするためですね。
2010/12/11 | 独り言 ____
F-Secure Mac Protection
f-secure.png


Windowsにセキュリティソフトは必須です。

皆さんはどんなソフトを使われていますか?ウイルスバスターとか、ノートン。
あるいは、ソースネクストなどの格安ソフトか、プロバイダの用意しているオプションサービスなどでしょうか。

僕はAvira AntiVir(ドイツ製ウイルスソフトの無料版)が気に入っていて、ここ何年かはそれを使っています。検出率の高さは有名なソフトに引けを取らないどころか何なら上回ってるみたいですし、すっかり日本語化もしましたし、何より動作が軽いですし、みんなどうしてお金を払ってまでわざわざ重い(以下略… という感じです。Aviraは、僕の中では鉄板ソフトです。

一方Mac。Macの場合セキュリティソフトは果たして要るのでしょうか?

MacはOSの構造的にもそのシェアの小ささの面からも、素性が分からない添付ファイルや不明なリンクを踏まないなど分かりやすい点に留意してさえいれば、危険なウイルスにはほぼ無縁だと(あまり根拠なくも)僕は思ってまして、ウイルスソフトについては、ここ何年も何の対策もせず過ごしてきました。とはいえ、

「最近のAppleの勢いからすると、案外安穏としてもいられないんではないのか?」

つまり、シェアもある程度大きくなってきたし、いまやMacにウイルスを仕掛けるヤツも出てくるご時世なのでは?とふいに思って、ちょっとウイルスソフトを導入してみることにしました。

ネットで調べて、フリーのもの、4つか5つくらい知りましたけど、表題のこれに決定。

もっとメジャーなのいくつかはやめました。アイコンダサいとか、ホームページイマイチとか、そんな理由です。

F-Secureは、アイコンも素敵だし、操作画面もとっても優等生な感じで動作も控えめだし、イイ感じです。

こう、なんというか公の機関的な…NTTとか郵便局のような…ある種の押しのない、でも金かかってる感ある懐ある感ある品の良さ。←言い方が品が悪い

フィンランドの老舗会社だそうです。

これで行く。けってぃー。

p.s.

Windows版の場合、1年4.200円で、Macの場合はとりあえずベータ版(期限半年)だからタダ、ということかもしれません。最終一応と思ってチラッとウェブサイト見て(英語)そんなような感じが。詳細は各自調べてみてください。

→ Avira AntiVir(日本語ページ)
→ F-Secure (日本語ページ)
→ F-Secure Macベータ版 ダウンロードページ(英語ページ。ソフトは日本語版☆)
続きを読む
2010/12/06 | お気に入り…こと | コメント:0 | トラックバック:0____
| ホーム |