作曲活動再開
唐突ですが、作曲活動を再開します。
以下の機材を伴って。(むっちゃ買ったー)


メインコンピューター
・Macbook Pro 13inch 2009 / Apple (もともと持ってたヤツ)

MacBook Pro 13

PCと生音(ギターやボーカル)をつなぐもの。インターフェースという。
・Protools Mbox 2010 / Avid

ソフトウェア
・PRO TOOLS LE 8

Mbox-front_800.jpg

MIDIコントローラー
・Axiom Pro 49 / M-AUDIO

maudio_AxiomPro49.jpg

マイク
・SM58,SM57 / SHURE

sm58
sm57.jpg

ヘッドフォン
・MDR-CD900ST / SONY

sony_mdrcd900sta


モニタスピーカー
・FOSTEX PM0.4n(W)×2
sunmuse_fostex-pm04n-w.jpg


および、各接続コード。


で、トータル15万円。

あとは、もともと持ってたもん

・Aria Pro 2 のエレキギター
・YAIRIのアコギ
・じぶんの声

きょう、全部楽器屋さんとネットに発注したてホヤホヤで、まだ手元になくて、木曜夜に全部揃うんだ。

果たして、どんなダッサイ曲を作るのか、おれ。
はたまた、どんなカッコいい曲を作るのか、おれ。

2ヶ月後くらいを目処に、myspaceにでも上げます。

myspaceID:jirocs

お楽しみに……おれ!
続きを読む
2010/10/24 | お気に入り…もの | コメント:0 | トラックバック:0____
Panasonic ナノケア EH-NA92
nano.jpg

3年くらいまえに買い替えてから、ずっと不服だったドライヤー。

「ワット数さえ同じならどれも一緒だろう」

当時そう思ってデザインだけで選んで買って帰ったら、実はコード巻き取り式でコードは短いわ、風力は超弱いわ、なのに重いわ、んがあ!という1品だった。

でも、確か8,000円とか9,000円とかしたので、勿体ないからずーーっと使ってた。

最近、風呂上がりに兄の部屋でエヴァンゲリオンのブルーレイを見せてもらいながら何気にドライヤー借りて乾かしたら、そのパワフルさ、風量の強さにおののいた。

しかも髪ツヤツヤ。

Panasonicか。ナノケア…てのか。なにこれ、と。

早速、封印していた不満が爆発し、即購入。しかも最高機種を購入。12,000円。イエス、ちょっとバカ。

やっぱ良い。風強いし、温風&冷風が同時に出てるから髪に優しいし、今までの倍早く乾くし、そしてつるっつるキラキラ。

買って良かった。ぼくのたからものー。

でも、12,000円のでなくて、もっと安いので充分と思う。高いやつより安いのの方が、吹き出し口大きくていいし。

自分は、高機種だけについてる機能を試してみたい、てのと、色が最高機種の以外気に入らない、ということもあってこれにしたけど、そうでなければ2つ位下のランクのが、一番コスパ高いと思う。

このドライヤーのマイナスイオンは、エアコンなどのそれと違って、まゆつばでなくて、論理的で効果的と思う。うんうん。

→Panasonicの該当ページ
2010/10/23 | お気に入り…もの | コメント:0 | トラックバック:0____
Macbook Air
でた。

macbooc_air.png

僕はフラットなハードユーザー(←ダブルミーニング)であって、特にApple信者ではない。

今まで、Appleには何度か煮え湯を飲まされてきたこともあるし。

でも、最近のAppleの仕事は(良い意味で)目に余るというか、僕を含め古いPCユーザーがかつてPCに描いていた素敵な未来って、Windows(というかビル・ゲイツさん)の決して良いとは言えない“センス”のせいで、もう実現することはないのだろうなあという予想は、案外いつか覆るかもしれないですね。

SFみたいに素敵でカッコいいPCの世界になるのかも。

しっかし、このMacbook Air、厚さ3mm(手前のとこ)て…。。
しかも性能が全然ハイスペックで問題なく、かつ値段も安いって…。

僕はウェブ作業とかデザイン作業とかあるのでそうはいかないけれど、普通にビジネスレベルで使うなら、解像度が高いし、11インチで全然OKだろう。

それなら、もう持ち運びしてることすら意識しないで済む位の手帳感覚レベルだろう。

Apple。神懸かって来た、とまでは言わないけど、少なくとも、魔法がかっている、とはもう言っていいのでないのかな。

ソフトもハードも自前で、かつ超ハイレベルな完成度で、しかも技術的にもセンス的にも超ハイレベルで、価格はきわめて安い。

何故みんなMac買わないんだろう?
ここまで来たら、さすがに僕はそう思う。

しかし、うーん。すげえな。。

p.s.
このMacbook Air、ひとつだけ疑問なのは、熱持たないんだろうか。

僕のMacbook Pro 13inch(2009モデル)は、パームレスト部分がかなり熱を持って、何時間か触っていると手のひらが低音やけどになりそうな程。

それは、些細なことではなくて、とても問題あるレベル。

基本的にアルミ削り出しで、同じ構造、熱伝導率な中で、内部のレイアウトや断熱材などで、この薄さで問題解決してるならスゴイし、次のMacbook Proもひと安心といえる。

はたして。

→ Apple 該当ページ

<追記>
本体、熱、持たないらしい…。死角なしだ。
続きを読む
2010/10/22 | お気に入り…もの | コメント:0 | トラックバック:0____
たこフェリー永遠なれ タイに売却、年内に運航停止 高速道割引響く
asasio_01.jpg

□□

 “たこフェリー”の愛称で知られる「明石淡路フェリー」(兵庫県明石市)の船舶「あさしお丸」が、タイのフェリー会社に売却され、明石のシンボル、タコが描かれた船体が15日、新天地のタイに向けて明石港(同市)を出発した。

 明石港と岩屋港(同県淡路市)を結ぶ同フェリーは高速道路の大幅割引が直撃し、3年前と比べて運航収益が半分以下に落ち込むなど経営悪化が深刻化。所有する船舶2隻を1隻に減らし、9月21日からは運航便数を従来の約6割にするダイヤに変更していた。残る1隻も、年内にも運航停止するという。

 あさしお丸は今月3日、たこフェリーとして最後の運航を終えて引退し、タイのフェリー会社に売却された。

 明石港では、地元で親しまれた船体が岸から離れると、市民らが「ありがとう」「さようなら」と別れを惜しんでいた。近所の主婦、染田和子さん(64)は「明石市民にとって特別な船なのでさびしい」と話した。


■■

たこフェリーは高校、大学のときの青春の思い出いっぱい。
橋で渡るよりドラマチックなので好きだった。

車を船に乗せて、車から降りて、海風に当たりながら30分デッキで話して…。

これから淡路にバケーションだ!という、わくわくした非日常的な気分にさせてくれる、すてきな交通手段だった。

橋は、景色はきれいだけれど、要は高速道路の一部に過ぎなく、そこまでエモーショナルではない。

神戸市民や明石市民などは、ここ何年も、つぶれんなよー、とやきもきしていたと思う。たこフェリーをきらいな人はたぶんいない。

こないだまで、誰かが手助けしてくれて存続するようなニュースしてたと思ったんだけど…。。

でも結局ないようだ。休止。とはいえ事実上未来永劫なくなる感じだ。

ざんねん。ほんとにざんねん。。

高校のとき好きだった子と結ばれるきっかけになった、おれ企画の4×4旅行を特に思い出す。ああ、しょっぺえ。
続きを読む
2010/10/16 | from Yahoo!トピックス | コメント:0 | トラックバック:0____
| ホーム |