美味礼賛 / 海老沢泰久
美味礼賛

古い本。

辻調理師専門学校の創始者である辻静雄が、はじめて料理に携わることになる頃から、本当のフランス料理を日本に根付かせるに至るまでの半生が、伝記(ノンフィクション小説)のような感じで、分かりやすく平易な文章で綴られている。

辻さんの人となりや人生も、すごく興味深く、知る価値があるんだけど、なんといっても、この著者の構成力や取材力、文章表現力が凄まじかった。

他の著書が、スポーツノンフィクションだったり、はたまた直木賞受賞の小説だったりということを後で知って、なるほど、と、納得。

文章に、脚色っぽい表現や大げさな言い回しなどはまず見られず、難解な語彙や表現もいっさいなく、淡々と、読みやすい文章が続いていく。本読みが遅い僕でも、500ページのこの本が、何時間かで軽く読めた。ぐいぐい引き込まれて、読後どっと疲れが出た、というような微熱気味な感じでなく、平熱で、こともなげにすっと読めたという感じ。しかもとても楽しく、内容が流れるようなこともなく。

例えば料理の内容など、曖昧に書かずに全部調理の手順を記述している。そしてそれは、例えばどんな味かなどについて変な脚色をする、などという事もしないので、全てこちらの頭でその味、旨さについて判断できる。またそういった細かく書かれるべき事柄でも、常に必要最低限の客観的な描写にとどめているので、読んでいて疲れたり、苛々させられたりしない。また、もっと書いてくれ、とも思わないだけの十分な内容描写。

そういう、当たり前な部分での、寸法とバランスが、ほんとうに凄まじかった。

その後ろ側にきっとある、取材であったり、試行錯誤には、いったいどれだけのエネルギーが費やされたのだろうか。

ベタベタな表現だけれど「たとえ良い食材があっても、料理するひと次第」というのがまさにこの本だと思う。食材は勿論辻さんの半生、料理人は海老沢さん。

海老沢泰久という人はすごいなあ、と思った。(辻さんもだけど)

料理に興味あろうがなかろうが、小説が好きだろうがそうでなかろうが、中学生だろうがおじいちゃんだろうが、ある程度ものごとに知識欲を持つ、世の中のあらゆる人がきっと面白いと思う本だと思う。
2010/02/21 | お気に入り…こと | コメント:0 | トラックバック:0____
【市販のパン】 湯種ラクふわサンド / 神戸屋
朝ご飯は大抵ご飯だけど、パンを食べることもある。

その場合以下いずれかになる。確率の低い順に書くと、

・気に入ってるお店のバタールが通りすがりなどで買えたら、それ。
・春日野道バンベールの山食。
・パン屋さんの、何か。
・スーパーの、何か。

スーパーで買ったパンになる場合が、自分の場合、暮らし方的に仕方なく多い。

その場合、大体は

何らかの食パンかバターロールかマフィンを買って、何らかのサンドにして食べるんだけど、最近、便利だなーと思うのが、コレ。

「湯種ラクふわサンド / 神戸屋」

マフィンの亜種みたいな感じで、マフィンよりももっちり粘りがあって、当然食パンやバターロールなどより肉厚な食べ応えがあって、マフィン程は粉で散らかったりしないし、U字を横にした様な形をしているのでとても開き易く、ものを挟みきやすい。

これ結構ナイス商品だと思う。ちょっとしたレベルのサンドが簡単に作れる。パン屋さんでもあまりこういうの見ないし。

ただ、「イングリッシュマフィン」なんかと違って、どこのスーパーでもある、というのでないのが残念。神戸では萬代(mandai)にはあるよ。

→公式ページ
2010/02/18 | おいしい…食品 | コメント:0 | トラックバック:0____
かのこちゃんとマドレーヌ夫人 / 万城目 学
かのこちゃんとマドレーヌ夫人


最近出た本。ひょんなことから買ってみたんだけど、凄い好きだ。これから何年か毎に何度も読むことになると思う。ちょっと、宝物。

一匹の雌猫と小学校一年生の女の子が紡ぎ出す日常の中のファンタジー。

表現しようとする空気や瞬間が、とても独創的な文章表現の中で、キレイに、確実に、伝えられてくる。すごい。

才能ある小説家あまたある中、ひとごととして素直に感心するたいていと、凄い嫉妬心を抱くような稀があるんだけど、これは、その、稀な後者。結局、感性がものすごくシンクロ出来過ぎてて「おれと感じてることは同じなのに、おれにはこんな表現出来ない。くそう」みたいな感覚になってしまうんだ。

この作者さん「鹿男あをによし」の作者さん。あのドラマも、内容のバイタリティにびっくりした。

他の小説も全部読みたい。けど、ハードカバーしかでてないのが多い。文庫ー。
2010/02/15 | お気に入り…こと | コメント:0 | トラックバック:0____
BOY A
BOY A

on WOWOW。

殺人を犯した前科のある青年の社会復帰と日常をテーマにした映画。

いつもそうなんだけど、ストーリーとか内容は僕にとってそんなに重要でなく、この映画のもつ映像全体の美しさや、セリフ、演技のナチュラルさがとても良かった。ほんとうのことのようだった。それらがイングランド独特の曇天模様や重い風景と相まって、よい空気を作り出していた。

きれいな映画を観たなあ、と、視聴後、蒼く静かな心地よさに包まれた。

DVDが出ている。
2010/02/14 | お気に入り…こと | コメント:0 | トラックバック:0____
シリーズ東京モダン 「辛抱」
ドキュメンタリーが好きでよく観る。

でも、だいたいは作り手の意図や指向があってフラットでないものが多い。仕方ないけれど。クリエイターは皆、意志を持って作るのだから。

そうでなく、出来るだけ、こちらに判断を任せてもらえて、かつその世界がよく分かるドキュメント、というのは少ない。

このNHK制作の番組、すごく良かった。感動したし、映像の美しさにも感じ入った。

フランス人は、情報をフラットに捉えて、かつ美しい絵を撮るのがうまい。ほんとアメリカ…いや、なんでもない。

以下、番組説明(転載)

******
世界の第一線の監督が日本を見つめるシリーズ「東京モダン」。今回は、フランス人女性監督がモンゴル人の撮影監督とともに大相撲の大島部屋に密着。北海道から上京し、新弟子となった若者を追う。夢を抱いて上京したが、東京での兄弟子たちとの生活に戸惑いも感じる現代っ子の若者と、けいこ場の若者の様子をただじっと見つめ、黙して語らぬ親方。静かな日常の中でゆれる若者が、「辛抱」という言葉を見いだすまでの1年を描く。
******

紹介しても、この番組をチェックする方法はあまりないかもしれない。

でも少なくとも、超良質なコンテンツを、超安価で提供しているNHKオンデマンドでは観れます。

ホントに良いサイトは、お金を払っても守りたいので入会しようと思ったら、ブラウザがIE(インターネットエクスプローラー)しか対応していないということで、やめました。それじゃダメだNHK。

観られる人は、是非観てください。
2010/02/05 | お気に入り…こと | コメント:0 | トラックバック:0____
風来のシレン2(NINTENDO64)
風来のシレン

ゲーム、やってますか?

やってるよー、という人は、きっと人生がうまくいってる人。自分の時間が贅沢にある人。

それはそうとして、さいきん久々、いろいろソフトをチェックして、よし!これやろう!!と思ったのが、結果NINTENDO64のソフトである本作。

Wiiのソフトを探してたのに、結局、持ってた昔のハードとソフトを引っ張り出してやり直すだけ。ある意味、現在のゲームの世界は煮詰まっているんでしょうか。NINTENDO64の、持ってたソフトを引っ張り出してやる方が魅力的というのは、よっぽどの状態だと思います。

。。

このエントリーで言いたいことは2点で、「Wii、目新しい面白いソフトが全然出ない」ということと「ヤバいソフトって、いくら古くても、いつまでもヤバい」ということ。

64持ってる人は、中古でヤフオクなどで手に入れてみてください。凄い完成度のソフトです。
2010/02/01 | お気に入り…こと | コメント:0 | トラックバック:0____
| ホーム |