第6の味覚
□□
「カルシウム味」を認識?=苦くて酸っぱい第6の味覚-米研究者

うま味に続く新たな味覚発見か-。人間がカルシウムを「味」として認識している可能性のあることが、米ペンシルベニア州フィラデルフィアにあるモネル化学感覚研究所のマイケル・トルドフ博士らの研究で、このほど明らかになった。
 トルドフ博士らは、マウスにカルシウム溶液を飲ませたところ、熱心に飲む集団があることを発見。このマウスの舌に、カルシウムに反応する2種類の味センサー(受容体)が存在することを突き止めた。
 マウスは遺伝子の多くをヒトと共有しており、人間も同じセンサーを有している可能性がある。肝心の味だが、「カルシウムっぽいとしか言いようがない。苦くて、恐らくちょっと酸っぱい」(同博士)という。
 人間が持つ味覚としては、甘味、酸味、苦味、塩味、うま味の5つが確認されている。このうち最後に確認されたうま味は、グルタミン酸などによって生じる味覚で、日本の化学者で故人の池田菊苗が発見した。 


■■
へ~。でもピンと来ないです。“カルシウム味”は分かります。ピンと来ます。ただそれが第6の味覚、というのはちょっとスペックが足りないような、スケール感に欠けるような、そんな感じがします。

他の味覚は、料理のときに欠かせないというか、すべてを然るべくバランスさせれば“=おいしい”となる要素なので、食べるときも調理するときも常に意識しますし、納得いく5つの味覚といえます。でもカルシウム味はどうでしょう。『あとカルシウム味はナニで出そうかな』とか『この料理、カルシウム味が少し足りないね』とか、ちょっとピンと来ないです。

ともかくこのニュース、全部現時点ではあくまで可能性の話のようですので、いろいろと思いを巡らせるのはちょっと時期尚早かもしれませんけど。

p.s.
この博士、たとえば「エゾ鹿のロースト・小さな洋ナシのコンポートとアルザス風」の味を聞かれたら、「エゾ鹿のロースト・小さな洋ナシのコンポートとアルザス風っぽいとしか言いようがない。苦くて、恐らくちょっと酸っぱい」と答え、「明石鯛のパートフィロ包み・3種ハーブのタルタルソース」の味を聞かれたら、「明石鯛のパートフィロ包み・3種ハーブのタルタルソースっぽいとしか言いようがない。苦くて、恐らくちょっと酸っぱい」と答える可能性があります。
2008/08/31 | from Yahoo!トピックス | コメント:0 | トラックバック:0____
北京オリンピック 陸上男子100m決勝 について
以下、本文に改行なし。(←冒頭にわざわざ書くことでもなし)

◇レース内容概要(ネットにイイ記事がないので自分で書く!)◇

最も遅い自己ベストの選手の記録ですら10秒00というハイレベルな決勝。本職は200メートルで、100メートルに参入してまだ間もない中で世界新記録(9秒72/2008年5月)をマークした新星、ジャマイカのウサイン・ボルトと、同僚で前世界記録保持者、アサファ・パウエルに注目が集まる決勝となった。試合は、ボルトが中盤から一気に他の選手を引き離し、後半の途中以降は、周囲を見る→大きく両手を拡げる→(以降ずっと横を向いたりしながら両手を拡げたまま)片胸をどんどんと叩く(勝利の誇示)→太ももを高く交互に上げて走る(勝利の誇示)→ゴール、という、信じられない余裕っぷり、しかも並み居る選手が集まった本決勝、また100mという、コンマゼロ何秒のミクロの差が雌雄を決する種目において、体4つ分程も抜け出た上で、そんな行動を取りつつ、3ヶ月前の自身の世界新を0秒03!も更新してゴールするという、正に前代未聞の、圧倒的で歴史的な10秒間となった。風は無風、ゼロメートルだった。オリンピック前の北京での記者会見の場で初めて自分が100mにエントリーする事を知った男が紡ぎ出したリアルタイムの伝説。今後の陸上短距離。もう一瞬どころでなく、それこそコンマ・ゼロ一秒たりとも目が離せなくなった。(←何か文章の調子ノリノリ)


◇刈屋富士雄(NHKアナ)の話(テレビから自分で文字起こししたよ!超面倒だった!)◇

いやあ、何回観てももう凄いですね。ほんとにあの、いやもう将来50年100年先になっても語り継がれるレースではないかという風に思いますし、この高速トラック、国家スタジアム、鳥の巣がですね、一気にこう価値を高めたそういうレースではなかろうかという風に思います。まあ実況の中で本当に時代がこう動いていくという話をしましたが、オリンピックのですね、100mの男子が初めて9秒台に突入したのは40年前のメキシコオリンピックで、アメリカの、えーハインズ選手が9秒9という事で、その後9秒8台に最初に突入したのがアトランタオリンピック、1996年のアトランタオリンピックのドノバン・ベイリー選手が9秒84、その後アトランタ、シドニー、アテネと9秒8台でオリンピックの100mの優勝が決まっていたんですけれども、9秒7を通り越して、一気に9秒6の世界に入ってきました。まあそう考えると、えー、9秒台で優勝したハインズから40年経って9秒6台、つまり40年で0秒3縮めた事になります。世界はそのスピードでどんどん進化していく事を考えると、えー計算しますと10年で、0秒07世界は動いていくんですね。じゃあ日本はどうかといいますと、10年前の1998年の、えーバンコクのアジア大会で、先程解説していた伊東浩司さんがですね、10秒00。あの時、速報(?)で9秒99は出たんですけど、伊東浩司さんはですね、最後流したんですね、それで、えー足が反応して9秒99という、幻の9秒台に突入したのが10秒00。でも10年経ちますので、世界と同じ進化をしていたら、今実は9秒93くらいが日本記録であって欲しい、という事になるんですね。ましかし、それにしても本当にウサイン・ボルト選手の最後のあのリラックスした動き、人類史上最高の欽ちゃん走りではなかろうか、という風に思います。


◇所感(…やっと書ける。。じぶんの話が…。ゲッソリ。。)◇

ウサイン・ボルトは、あれだけデカイくて手足が長いのに、あれだけの俊敏性、つまり手足を速く動かせる能力を持っている、ということがまずシンジラレナーイ(古)!アサファ・パウエルでもそのことに驚いたのに、軽くそれ以上な感じ。文字通りというか、本当に規格外の男が出て来ました。今後も目が離せません。ところで、オリンピックのテレビ放送は、各局司会進行の人の引き出しの浅さ(そもそも人選が…という感じ)が残念だったり、とりわけ現場で試合後にインタビューしている人の質問内容の酷さは、あまりに感動半減でチクショー…、と思っていた中、この刈屋富士雄さんというベテランアナは、スタジオアナさんという担当とはいえ、本当に素晴らしくて、嬉しいです。今回エントリーにする際にちょっと調べましたら、有名な熟練アナさんみたいですね。感じるコトバを放つ漢、という感じで。今回ここに紹介した試合後(録画放送時)のコメントも、何の気なく横になりながらテレビで観ていて、うんうん、そっか、てか凄いなこの人…と、きちっとした情報の引き出しを、勿論カンペなどなく自分の知識として(しかもミスなく)述べていらっしゃって、感心してました。だからこそ、最後のワンフレーズで、一瞬「なにィ!?」と耳を疑い、程なく爆笑してしまった訳です。刈屋さんって、いたずらっこですね。大好きー☆。でも、“人類史上最高の欽ちゃん走り”とは、多分やはり往年の欽ちゃんがそうであって(知らんけど)、“人類史上最速の”という表現が正しかったろうと思います。それでも太ももを上げてどたばた走ったので、単に“欽ちゃん走りだ!”と思いつき、それを言いたかっただけなんだろうと思うと、刈屋さん、子供!と突っ込みたくもなります。ウマいフレーズでも何でもなく、何にもかかっていない、意味不明な例えだからです。でも、刈屋さんならOKで、おちゃめさんです。きっと。刈屋さんのヤバさに、流石に、ちょっとネットでNHKのウェブにアクセスしてアナウンサー紹介を見ましたけど、好物が書いてありました。気になったのは『ペペロンチーノ』と『いなりずし』。趣味の『三つ子と遊ぶこと』というのも気になりました。どうでしょう。

いやあ、オリンピックって、本当に素晴らしいですね。

<以下中辛コラムに続く>
続きを読む
2008/08/17 | おもしろい | コメント:0 | トラックバック:0____
五輪=重量挙げ女子53キロ級、長い名前のタイ人選手が金
□□
 [北京 10日 ロイター] 北京五輪の重量挙げ女子53キロ級は10日、タイのプラパワデ・ジャロエンラタナタラコン選手(24)が優勝した。同じ選手は、五輪出場選手の中で最も長い名前の持ち主の1人。
 ジャロエンラタナタラコン選手はもともとチャンピン・カウタティアンという名前だったが、昨年、占い師のアドバイスを受けて「運気を上げるために」改名したという。

■■
この記事のタイトル、最初ちょっと面白かったですけどよく考えると、名前をちゃんと書かず、ネタとして記事にして、単に長い名前呼ばわりしちゃって、「失礼じゃん!(横浜弁)」と思いました。でも良く読むと、占い師に従って運気を上げる為に去年改名しての名前(もしかして単にオリンピックを意識?)という事で、それなら(個人的な価値観ですけど)あまり失礼でないかも…と思い直しました。

その新たなお名前については、タナタラコン、という部分が、棚たらこ、みたいな感じで、どんなたらこやねん!という、可愛い感じで気に入っています。(←僕こそが失礼ですな。ふ)

重量挙げ53キロ級については、あまり興味がありませんので良く分からないです。
2008/08/11 | from Yahoo!トピックス | コメント:0 | トラックバック:0____
元気ロケッツ
元気ロケッツ

去年くらいからちょこちょこ目や耳に触れて気になってたところ、アルバムが最近出たようなのでキチンチェック※してみました。
※キチンとチェックの略。反対語はチキンチェック(弱々しいチェック)。同時に思いついたよ。

とてもよかったです。LUMIたん(歌ってるひと。上の画像)萌え~(←古い!?)です。

でも、これアート(もしくはアーティスト)というよりは、コンテンツで、プロダクトな感じ。この感動も、グルーヴある音楽に心を振るわせるというような深層性のものでなく、RPGのエンディング音楽と映像に涙するような感動タイプで浅瀬性のものです。

浅瀬といえば、例えば海に行って、靴のまま水にじゃば×2入って行って、あげくザブンと飛び込み、引き続き両手ですくった水をかけあいっこする男ふたり(女ふたりはそれを砂浜で微笑みながら見つめる)のような、そういう種類の典型性のみで作られた、そんなパッケージです。

ともあれ、よかった。10曲目の“Fly!”が特によかったです。

でも結局は単にLUMIちゃん(…月、か。プロデューサーさんとかが瞬殺でつけた芸名なんだろうね。本名は意外と貴子とかそんなんかもしらへんね…じゃあ)貴子ちゃん、がすっきゃねんなだけなんかもしらへんわ、わしー。

いっぺん地球に来おへんかなー(まだ来た事がないらしい)。おっさんとお好み焼きでも食べに行ってくれへんやろかー。あ、通天閣やおまへんか、まいどーー。

→ WWW.GENKIROCKETS.COM
2008/08/03 | お気に入り…こと | コメント:0 | トラックバック:0____
| ホーム |