【カナルイヤフォン】v-moda vibe v2
v-moda vibe v2

iPodを使ってます。白い、30GBのを。ずっと。

買ったばかりの当時、普通のイヤフォンは耳に合わない、というか、個人的な耳の形のせいで、すぐにぽろぽろ外れてしまうので、自分の耳に合うものを買おう、というところから始まっていろいろ研究していると、結局カナルタイプ(耳にぎゅっと突っ込むタイプ)に至り、またそれらを比較していると若干高級イヤフォンの世界に突入してしまって、結局「Ultimate Ears」という会社の12.000円位(この値段でもエントリーモデル程度)のにした経緯があります。

うん。

で、それなりに満足しつつそれをずっと使ってたんですけども、最近、そのイヤフォンの、コードの部分がなんかネバネバし出して、なんか溶けてきちゃった。地球温暖化の煽りですな。でも、そんな事もあろうかと、というか、高いイヤフォンなので、予め、コードを交換出来るようなモデルを選んでいましたので(エライ)、コードだけ買い換えようと思ったら、買って随分経つので、微妙に規格が変わっているような、合うのかどうかわからんという事態になっていまして、なんじゃらほい!と。で、もーええわ。いっそ買い換えよう、となりました。(前出の“エライ”がだいなし)

それがこのv-moda vibe ver.2です。

今回は、13.000円しました。(馬鹿じゃねえの、という声がそこいらから聞こえてきそう)

でもこれ、音イイ。マジで。低音、中音が結構すごい。また、手作りだろこれ、みたいな感じも好感持てる。でも質感は相当ヤスっぽい。写真(上)、うまく撮ったなー。

ま、買い変えてよかったよかった。いぇいいぇい。ぶい 
続きを読む
2008/07/16 | お気に入り…もの | コメント:0 | トラックバック:0____
iPhone 3G


出ましたね。iPhone。

さいしょ、iPod touchが出た頃は、「こんな中途半端なの、どうすんだろ?」と思っていましたし、いまも思いますけど、このiPhoneは携帯端末であって、このスペック(速度)であって、となると話は別で、興味津々です。あまりミーハー的な感覚はない僕でも、これはいろんな意味(注)でスゴイ逸品そうだなーと思いますし、ちょっと使ってみたいです。

(注)いろんな意味 means---------------
1--Macは、“小型の端末”におけるインターフェースがいっちゃん向いてるというか、フィットするというか、得意なんでないの?とずーっと思ってたので、今回、Mac初の(インターネット常時接続型)『携帯端末』という事で、そりゃきっとスゲーいい感じだろうと思う。さいしょのiPodからこっちの、(テクノロジー含め)インターフェイス集大成、みたいなイメージ。
2--これ、日本初の「純粋なパーソナルコンピューターのOS(Mac…だけど。ややこしい)を搭載した」携帯電話となるのではないのかな(WindowsCEはWindowsXP互換とは言えないし)。これはパーソナルコンピューターの世界と関係なく携帯が(特にOSにおいては)独自で完結して進化して来た日本の携帯市場の世界を、シフトする可能性がある。かも。PCの環境と携帯の環境をシームレスにするという当たり前の今後の、きっかけになるかもーって。その意味では余談だけど、GoogleのAndroid(携帯電話用OS)は、日本ではdocomoが手を組む風のニュース、ちょっと(違うパターンだけど)気になる。。
-----------------------------------

価格も2~3万って、きっと上品な奥様なら「まあ、なんてこと」というであろう位安いですね。(てアメリカでもそんな値段なんですね。Macはデスクトップとかノートとか割と割高なのに今回はえらい気前いいな)

もー、言うこと茄子(←古い?)、ですね。

ただ、ただね、なんです。使ってみたいとは書きましたけど、これ、買いたいか?というと、個人的にはあんましそうは思いません。話題一転、です。暗転、なんです曇天です。

なんでかというと、シンプルな理由なんですけど、「これ、電話用のデザインじゃあねえだろう」と思うからなんです。

このことは、沢山の人が同じことを思っているかもしれませんね。そうでもないのかな。

とにかく僕は、これを耳に当てて話をしている人を、「iPod(=携帯して音楽を聴くためのプロダクト)を、耳に当て、話しかけている、ちょっと無理矢理な感じの人」ときっと思ってしまいます。そういう見地からすると、クールではないどころか、ちょいヤバです。すれ違った子供が「…ねえママー、あの人なにしてるのーー」母「たっくん見ちゃだめ」と。冗談ですけど。

でもこれからは、益々携帯やコンピューターは形がさまざまになるでしょうから、こんなの序の口でしょうけどね。たとえば炊飯器を両手に抱え、それに向かって「今日中になんとか先方にアポをとれッ!!!」と叫ぶおじさん、なんていうのがきっと近未来ですもんね。(炊飯器に遠隔予約機能と電話機能が付属するイメージ)

ところで、僕はMacに於いては白の意匠、がやっぱ好きなんですけど、iPhoneって、白を選んでも表側は黒いんですね。画面内容(OS)部分も、ボディが白なら白にすればよかったのに。そして、今後カラバリで例えば赤とか出たら、OSも赤、とか、そういうの、ちょっとそれっぽくて面白いと思うのに。残念。(だからこの記事の画像は白の、しかも裏側を載せてみました。やっぱ、Appleは白がよくないですか?)

あと、きょう気づいたんですけど、Appleの林檎のロゴ、スリット(というかデザインライン)が入ってるタイプって、こんなに前面に押し出してましたっけ?というのは、ウェブサイトの“HOME”のリンク(=いっちゃん目立つ部分)が下みたいなっていましたので。ちょっと「ん?」て思いました。



→アップル iPhone 3G オフィシャル
2008/07/14 | おもしろい | コメント:0 | トラックバック:0____
技術は絶対じゃない
技術そのものはあまり問題じゃない。
それがもたらす印象、と及ぼす影響力、がすべて。
2008/07/09 | 独り言 | コメント:0 | トラックバック:0____
【広東料理】 民生東店


阪急春日野道駅から北西に10分位の中華料理店。国体道路沿い、といえば地元の人は分かりやすい。ずーーっと昔からあります。元町の南京街にも店舗があるみたいですね。

このお店の日替わりランチ、スーパーです。
僕は、「最近栄養のバランスが良くない」と思ったときは、このお店のランチを食べます。
(今日はこのお店のランチを食べたので、晩ご飯はもうテキトーでOKです)

“日替わり”ランチ、と言っても、ほとんど固定です。
牛肉(かエビ)と野菜の炒め物、と、漬け物、と、ご飯、と、中華スープ(豚の出汁?)、と、鶏肉(かエビ)のフリッター、と、キャベツ千切りとちょびっとレタス、ちょびっと人参、の生野菜にマヨネーズ、高野豆腐(とかポテサラ)です。炒め物とフリッターはかなり美味しい。肉自体もちゃんと美味しい。味付けもちょっと上等。で、850円。

自分の中のベストランチ(その基準は栄養のバランス(食材の種類の多さとも通じる)&コストパフォーマンス)の、5本の指に入ってます。

ワンタンメンと焼き飯のセットも食べてみましたが、どちらもしょっ辛く、ワンタンは肉に少し変な匂いが、焼き飯もご飯がベショベショで、これも変な匂いがしました。やはり『日替わり(日替わらないけれど)ランチ』一択だと思います。

→民生東店ホームページへ
2008/07/02 | おいしい…飲食店 | コメント:0 | トラックバック:0____
人を優先する
自分の事で精一杯なときこそ、人の事を優先しよう。
2008/07/01 | 独り言 | コメント:0 | トラックバック:0____
| ホーム |