東京夜話 / いしいしんじ


この本すごい。この人、すごいですね。

ファンタジーとリアリティーのバランス加減。物語の展開させ方の寸法の程良さ。豊かだけれどウェット過ぎないエモーション。文章自身に酔いしれない清廉さ。適度で的確なばかばかしさ。ゴージャスで愚かな比喩。

人の本を読んで、ジェラシーを感じるなんて。。何かくやしいなー。

素晴らしいです。

これ、マジ、バイブルー。超やべっつの、てか、なくなーーい?みてえな感じです。

これからはいしい先生…師匠。いや、もっと身近なニュアンスがいい。

いしい先輩

と呼ぼう。(主に心の中で)

現在、好きな作家世界ランキング、先輩が第1位※っす。
※あまりいろんな本読まないので、多分13位くらいまでしかないのだけれど。
続きを読む
2008/06/29 | お気に入り…もの | コメント:0 | トラックバック:0____
アーモンドチョコレート / ロッテ


むかしからず~っと思っていて、今も思っていることがあります。

コンビニで売ってる様なチョコレートメーカー(森永とかブルボンとかグリコとか明治とか)の中で、“チョコそのもの”は、ロッテがいちばん美味しいなあ、と。

たまに、そこそこ高級なチョコレート(GODIVAとかそういうの)をもらって食べたときでも、いつも改めて、ああ、やっぱりロッテはコストパフォーマンスがすごいなあ、と逆にそっちに感動してしたりしてしまいます。

単なる嗜好の問題かもしれませんけど。さてどうでしょう。

→ロッテの、チョコのサイトへ

モンドセレクション2008金賞を新規受賞したね!祝!
2008/06/24 | お気に入り…もの | コメント:0 | トラックバック:0____
ナンシー関全ハンコ5147


あったら欲しいな、と思って調べるとあったので買おうとしたものが、ごく最近発売されたばかりだったりするととてもラッキーな感じがします。(この本は、買った日6/19のちょうど1週間前6/12に出たものでした)

良質な紙で800ページあります。

基本的に『全作品』ですから、試作的なもの、カブっているもの、版の一部が欠けているものなど雑多にすべてが含まれていて、厳選、という事ではありません。だから彼女自身が本来表に出したくなかったようなものも相当含まれていると思います。でもそういったものまで見れるのも、こちらとしては興味深いですし、ラッキーです。

“全作品” いい響き。毎日、ちびちびと眺めています。

p.s.
ナンシーさんは享年39才。僕は今39才。特に意味はないんだけど、比較的最近、どんどん彼女に尊敬の念を抱くようになったこととそういうことは、全く無関係ではないと思う。
2008/06/22 | お気に入り…もの | コメント:0 | トラックバック:0____
Bw's Fi '08(09)/ 台湾YAMAHA


8ヶ月前に、台湾YAMAHAのCYGNUS X 125cc(キャブver)を買って、最近馴らし運転も終わったところに、ちょっと素敵な125ccが同台湾YAMAHAから出やがったですね。。

Bw's 125 Fi

そぎ落としたネイキッドな感じと、エヴァンゲリオンな、というかアナログな感じの縦2灯が超素敵。重量も僕のCYGNUSより6kg軽い。。でも、キャブのモデルはなくって、Fiだけみたいだ。タイヤがちょと太い。(=ちょっと燃費悪い!?)

うーむ。。

…うーむぅぅー。

→台湾YAMAHA該当ページ
→CYGNUS X 買ったときのエントリー
2008/06/20 | 気になる・・ | コメント:0 | トラックバック:0____
無印良品 / サンホーキン綿フェイスタオル

僕はもともと柔らかいタオルが苦手で、さらっとした硬質のタオルが好きなんです。個人的嗜好として。感触的にもそうですが、機能的にも(=毛ぼこりが出ない、くたびれない、ほつれないなど)、そうなんです。

でも固くて良質のタオルって、気に入ったものは大体、そわそわする位高かったりします。でもタオルなんて、基本、消耗品として気兼ねなくガーーッと使うデイリーユースのグッズだ、と思っている部分があるので、そういう高級なのはちょっと違う様な感じがして、買わなかったりします。

そんな中、この無印良品のサンホーキン綿(誰?)フェイスタオル(34×85cm)はよいです。何といってもそのコストパフォーマンスがスゴイです。1枚315円。これで315円はちょ~破格な気がする。

ユニキュー(UNIQLO)と、ムジリョー(無印良品)って、絶対買ってやる!と意気込んで行った時でも結局なんにも買わずに帰る、というのが良い子の世の常だと思うんですけど、たまにこうしてすごいものがぽつんとあるので侮れません。

そういえばこないだユニキューにあったちっこい鞄なんてのも、クオリティーもいいし、以前は合皮だった留め具回りも全部牛革になっているし、でも1.800円とかですごいなあと思いました。買わないけど。
続きを読む
2008/06/18 | お気に入り…もの | コメント:0 | トラックバック:0____
すきまのおともだちたち / 江國香織


よかったです。ちょっとした時間で読めてしまう、ちょっとした本です。(ボリューム的にも実際にも、半、絵本、という感じ)

この人の文章の、淡々とした感じ、何でもない日常を切り取ったような、でも特別なきらきらしたことがちりばめられてて、全体はゆっくりしているけれど、でもしゅっと背筋を伸ばしたような端正さがある、そういうおじょーちゃまな雰囲気が好きです。おぼっちゃまなので(ぼそ)

いままでいくつか読んで、この人のトーンなら「こども」が主人公だったりしたら、そのパワーポイントがいちばん発揮されるんだろうなあと思ってたんですけど、まさにという感じ。

絵も含めて、きれいで、かわいくて、いい本。心がささくれたらまた読み直そう。
2008/06/12 | お気に入り…こと | コメント:0 | トラックバック:0____
文章讀本 / 谷崎潤一郎


「日本語で文章を書く事」について書かれた本です。

元来日本語というものは語彙が少ない。表現も曖昧だったり省かれている部分が多いのだけれど、それは読む側が適宜判断して補わねばならない。それが日本の文章表現で、多くを並べないことは美徳ですらあった、というようなことが書かれていて、日本語は語彙が多いものだと思っていた僕には、その分析というか事実に目から鱗でした。

日本語をちょっと掘り下げてみたい人にはよい本です。平らな文章で書かれていて、読みやすい。すいすい。
2008/06/05 | お気に入り…こと | コメント:0 | トラックバック:0____
| ホーム |