「死の天使」?=患者の死を予知する猫、オスカー君
□□
ねこ
【ニューヨーク26日AFP=時事】

 米ロードアイランド州プロビデンスの養護・リハビリセンターで飼われている2歳の一見、無邪気そうな猫のオスカー君は、医師や職員から「死の使い」と呼ばれている。オスカー君に「予知」されると、その患者は近いうちに必ず死亡するからだ。
 オスカー君は同センターの認知症看護のスタッフによって飼われているが、次に死亡する患者を予知するという。同センターの老人病専門医デービッド・ドーザ氏が「ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メデシン」誌で明らかにしたところによると、オスカー君は定期的に患者を「回診」する。その際、患者をのぞき込んで少し鼻をひくひくさせてにおいをかぎ、そのまま通り過ぎるか、またはその患者のそばで体を丸めて横になる。
 オスカー君が体を丸めて横になった患者は必ず亡くなるため、職員は直ちに家族の呼び寄せや牧師の手配を開始するという。ドーザ氏は、3階でオスカー君がとどまらなかった患者で死んだ者はいないと書いている。そのために医師や職員がオスカー君に付けた別名は「死の天使」。ドーザ氏はこのようにして、これまでに25人以上の患者を見送った。
 ドーザ氏は、オスカー君にどうしてこのような予知能力があるのかは説明していないが、患者にはまだこのことは知られていないとしている(※1)。

■■
オスカーくん。
死すべき人の周りに何かが見えそれが心地よいからか。あるいは死臭フェチなのか(←凄い発言)。猫って、犬より“死”に敏感っぽいね。不思議。
別に記事自体に対しては特には何も思わなかったんだけど、オスカーくん、ヴィジュアルの風格が半端ない。
完全に、全てをお見通しだ。というかたぶん人間だ。明らかに達観していらっしゃる。大先生だ。いつかたいせつな決断をする時、おれも意見を乞いたい、そう思う。

オスカーせんせー!長生きしろよー!!(←学園ドラマの不良風で)

※1
もし知れたら、オスカーせんせーきっとバイ菌扱い以下だ…。心配。。
でもおれは守る。守るぜせんせーよう!!!(←学園ドラマの不良風味で)
2007/07/28 | from Yahoo!トピックス | コメント:0 | トラックバック:0____
Lily Allen /ALFIE EP
LILYALLEN

夏本番を迎えるこの時期、様々なロックフェスを控えていろんなアーティストの音楽が各種媒体に露出する。(しっかし先日の台風でたくさん中止になってるみたいだねぇ。プロモーター大変だ)

そんな中、こないだ、たまたまローカルFMで彼女の曲“Everybody's Changing”(KEANEてひと?のカヴァー)を耳にした。「ウゲ!いい!!」と思って、諸々チェキィってみたら、ああこの曲もこの子だったんだ!というのが何個かあって、総じて好きになる。

おれ元々カヴァーって、セルフカヴァーも含め、イイと思える事ってまー滅多にないんだけど、これ原曲より好き。

表題のシングル(ミニアルバム?)以外に1stアルバムも聴いてみたけど、やっぱ好き。

こう…(最近また俄に露出してきた)カーディガンズ+エースオブベース÷2という感じ?(全然褒めてない!?)。要は、何なればポップスというか歌謡曲というか、ティーンエイジャー向けな感じの楽曲ぽい部分もあるんだけども、バランスやセンスがイイからか、気持ちよく聴けるというかそういう感じ。 ?

…こう、ダサかっこイイというのか、キモかわいいというのか。エロかわいいみたいな事なのか。ツンデレ。パリコレ ? ? 

と様々な疑問符を(おれ自身に)投げかけながらも、この来日記念EP、1000円でヒット曲&新曲(Everybody's Changing)全6曲。ちょっとお買い得。

いっちょ聴いてみてくらはい☆

→@TOWER.JP該当ページへ(試聴可!)
2007/07/20 | お気に入り…こと | コメント:0 | トラックバック:0____
| ホーム |