【焼売】 崎陽軒
21359_main.jpg


きょうお土産に焼売もろた。上のやつ。醤油の容れ物がひょうたんできゃわたん←。これ横浜名物なんやろ?新幹線で食べたらニオイの拡がりを要因としてブーイングが凄まじい事で有名な奴やろ?

真面目に味わうのは初めてです。真剣に食う。まずは常温で1個。きっぱり不味い。食感から味から。食感は、何らかの肉の欠片の成れの果てという感じ。味は、基本ない。何らかの香りと、薄い塩と、豚肉の出汁がら、みたいな味。風邪気味だからかも?と一瞬思ったけど、結論そうではない。

むう。

ちゃんと食べよう、最高の状態で味わおうと思い、蒸し器で蒸した。6個。果たしてあまり感想は変わらない。上記感想に、”柔らかくて温かい”という前置詞がつくだけという感じ。決して美味しくはない。

世の伝統的なものって2通りあって、1つは、伝統を守るために変化し続ける努力を選んだもの。もう1つは、伝統を守るために変わらないという努力を選んだもの。

完全に後者。

昭和6年には、この上なく美味しかったんだと思うし、その伝統を完全再現しているものを今も味わえる、という事は奇跡だと思うし、普通は我慢出来ずに変化させてしまって、変質させてしまう=オリジナルではなくなる訳で、こういう、変わらないものって大切だと思うし、そういう事を体験出来るって凄いと思うし、いいなと思った。

原材料を見たけど、確か、豚肉、玉葱、澱粉、干し帆立貝柱、砂糖、食塩、こしょう、グリーンピース、だけだったと思う。超真面目というか、添加物や甘味料は使ってない。オホーツクの貝柱がどうの、とか、国産豚肉どうのって書いてた。真面目にやってはる。

でも、僕にはおいしない。豚肉があまり上等ではないのか、旨みをちゃんと引き出せてないのか、味がしない。塩が少なくて味が薄いというのは好感持てるけど、この味で薄味ってのは厳しい感じ。

個人的には、神戸の一貫楼の焼売が美味しいと思うってか普通なんやけど、大きさが崎陽軒の2.5個分=1つみたいな感じで、大きいからジューシーなのと、豚肉の味が濃いとか、皮が肉厚とか、美味しいような感じ。値段は味の割には高いなって思うけど。

崎陽軒の焼売。

タイムトリップというか、タイムストップというか、伝統を守って、時代を超越して固まった商品。でもそれこそが凄い事。これからも絶対に味を変えないで欲しい。

でも僕はもういいや。今時のシュウマイが好み。
2018/12/10 | おいしない ( ー̀~ー́ ) | コメント:0 | トラックバック:0____
【ハンバーグ】 びっくりドンキー
チーズイン
上の画像、超いい写真。どっかからパクってきてんけど。んまそう…。。

びっくりドンキーのハンバーグがとても好きで、年2くらいで行って、いつもドンキー祭(野菜沢山御飯ちょっとの1プレートメニュー)を頼んでたんですけど、はじめて、がっつりハンバーグを食べてみよう!と思って、今日頼んだのがチーズバーグランチ。囚人の御飯みたいなワンプレートランチでなく、鉄板じゅうじゅうのやつ、初めて頼んだ。鉄板うす!冷めるのはや!と思ったし、いろいろ不服な感じというか、結局美味しくなかった。ブロッコリーとマヨネーズの謎のサラダも、ハッシュドポテト的な親指大の冷凍揚げ物2個も、量が多くて妙に濃い味噌汁も、量が多い乾いた御飯も、大根の千切りの超ミニサラダも、全部がちょっとずつ寸法が変。なのに1000えん程度もする。

全般としてあんまり美味しくなかったし、食べ終わって、胸がうってなった(←小学生の表現)。たった150gなのに。チーズのせいと思う。

・レギュラーバーグ(プレーンなやつ)セット…807えん
・チーズバーグセット…948えん(チーズ代が150えんオン)
・おろししそセット…915えん(おろししそ代が100えんオン)
・エッグバーグセット…915えん(卵代が100えんオン)

オンする具材が全て庶民的なのに全部値段まあまあ上がる。=レギュラーバーグ一択やんか。

特にチーズが美味しなかった。家で普段食べてるクラフトのチェダーチーズに比べて、だいぶ味うすい。安いカッテージチーズ(脱脂チーズ)な感じで、ハンバーグの味は薄なるし、モサモサした粉感のある旨みの少ない物体は全体の食感も悪くなるし、もたれるし、単に邪魔なだけ。

もう行かない、てことはない。ハンバーグ自体は美味しいもん。また行く。

でもレギュラーバーグセット一択だとは判った。前にファミレス総選挙的なテレビ番組で専門家絶賛度ナンバーワンだった麻婆バーグはいったいどこ行った!?いつの間にか影も形もなかった。ステマ、てやつだったか…(ステルスマーケティング。風評被害と一緒で、本来の意味とは全然違う使われ方を今はされてる。要は人気投票やアンケートに見せかけたヤラセや宣伝)。

あ、あとステーキはちょっと食べてみたいかも。
続きを読む
2018/09/07 | おいしない ( ー̀~ー́ ) | コメント:0 | トラックバック:0____
【閉店】 肉吸い定食 / アポロ食堂
アポロ食堂

<閉店したようです>

750えんとかです。僕にとってはダメでした。以下具体的に。

肉吸い、の肉は、吉野家のショートプレートみたいな感じの脂身が7割のお肉でした。出汁はとてもよいおだし!です。豆腐が、木綿1丁を4等分したようなでかいの入っていて、肉吸いってもともとこういう料理なのかもしれませんが、大き過ぎて味が染みていず、口当たりも悪いし食べにくいし、飽きます。

卵かけ御飯については、卵は超おいしそうだったけど、糠味噌がとても臭く、あと白御飯がゴワゴワで、不味かったです。

糠漬けもおいしくないです。僕は自分でぬか床持ってた事もあるので分かるのですが、30度を超える夏の日々でのぬか床って、余程上手に作ってないと、菌が堪えられず痛みまくって、要は、醸すでなく腐ってるになって、不味いんです。こちらの糠は、いまそれに近い感じではないのかと思います。それを糠漬けおろか、糠味噌のままで御飯に混ぜて食べさせるというのは、凄い自信と思いますが、間違ってる気がします。腐りかけてる糠の味でした。

あと、お店の空調が効いてなくて、とても暑かったです。28度くらいかな。こういうことが、そもそも問題というか、糠にとっては非常に不味いんでないのと思った。

店員さんはとても親切な感じでした。

付け合わせの惣菜みたいのも、巻き寿司の中身みたいで、なんか甘くて風変わりでした。

僕にとってはいろいろ厳しい定食となりました。
2015/08/25 | おいしない ( ー̀~ー́ ) | コメント:4 | トラックバック:0____
【ラーメン】 磯ラーメン / 徹信(てっしん)@JR西宮
磯ラーメン

元町の会とか、六甲のしゅはりのような、量やキャラ立ちより、あくまで質。というようなハイセンス系ラーメン屋さん?という先入観を持っていて、行きたかったお店です。

入ったら、清潔で良い雰囲気です。お店の人もよい感じです。ただ、獣臭というか、生臭いというか、店内が既に磯ラーメンで、臭いに異常に敏感な僕は、複雑な心境(利益至上なケミカル味=コンビニ的美味しさでなくて、自然な材料&手作り全開なんだろうな、でも生き物臭ぇ過ぎる、という葛藤。店が生々しく臭い!)

磯ラーメン(700えん)、海老ラーメン(800えん)、トマトラーメン(800えん)、冷やし中華(800えん?)、冷やしトマトラーメン(800えん?)

という、かなりいびつなメニュー構成。お店の方に「どれがこちらの定番ですか?」と聞きましたら、「磯ラーメンです」との事なので、頼みました。

出て来て、最初、綺麗だな、これは上質系なラーメンだろうな、てのと、うわ生臭い!マジ磯ラーメン!くさ!という気持ち。

食べて、臭いです。美味しいような気もするし、でも臭いなぁ。。関西ウォーカー的な雑誌の切り抜きがお店に飾ってありまして、みる。「煮干、xx(何か魚介)、するめいかを…」おうおう!それだそれ!するめいか!!!!イカ臭い!!!

具が、あおさ海苔?(香ばしい部分もあるし、生臭い部分もある)、めんま(動物園の象みたいな、風呂入ってない犬みたいなにおい)、春菊(草が持つ青臭いにおい)、白髪葱(ふつう)、干しエビ(生臭い)、上等のハムみたいなチャーシュー(美味しい)。

これだけ生臭いものが集積すると、そりゃそうとう生臭いです。

自然な味感MAXなので、安心して食べれる勢いもMAXなんですけど、とにかく僕には臭い要素ばっかりで、結果、不味かったです。

一般的には、優しく美味しい魚貝そばで美味しかったって人と、美味しいけどパンチに欠ける(=味が薄いと感じる、所謂ラーメン好きのB級な嗜好の人)という人が多いですね。

僕みたいな感想は1つも見ませんでした。一緒に行った兄弟も、「臭みなんてない。お前の言う事は分からない」て言ってました。

なのでエントリーしました。

あ、あと、麺については、こだわり抜いたぽいお店の割には、超チープな麺使ってんだなあ。スーパーで売ってる茹で麺みたいやん。現場で茹でた麺、でなくて、予め茹でてあるのをお湯で戻したような麺みたいだな。と僕は思ったんですけど、兄弟は、外がぷりっとして、中が柔らかい、こだわった面白い麺だ、と思ったそうです。

面白いですね。どっちが正しいのかは、店主さんに聞いてみないと分かりません。

「僕は僕だけの味覚の中で生きてる」

という印象。それはそれでいいのかな。食べログや世の個人ブログって、基本オリジナリティゼロな画一的なテキストばっかな中、少なくとも僕の感想はあまりないだろう感じでユニークだし、公開する意味あるのかなと思ってエントライズしました。

何はどうあれ、こちらのお店、オンリーワンな味ですし、700円という値段は安い、というい商品だと思いましたし、健康的なラーメンなんて事自体珍しいですし、どなたも一度は行ってみてくださいというお店ではあります。

どうでしょうか。
2014/08/01 | おいしない ( ー̀~ー́ ) | コメント:0 | トラックバック:0____
【神戸の老舗らーめん もっこす】 手もみ魚介そば
手もみ魚介そば


ずっとずっと食べてみたかったんですけど、今日やっと何年かごしの願い叶って、食べてきました。

第一印象「汁、多ない?」

麺や具が見えない。

食べてみる。ほぼ思った通りの味。

つけ麺に良くある、全粒粉?の太い縮れ麺に、つけ麺に良くあるさば?むろあじ?などの節の強い味を、もっこすの醤油ラーメンの出汁にオン。

豚の角煮のようなチャーシューは、ちゃんとした量はいっていて、とろっとして、薄味で美味しいし、味付け卵も1個入っていて、黄身がとろっとしてて美味しい。

700円という値段は、50円高い感じ。

で、また食べるかというと、もう絶対食べません。

というのは、めっっっっっっっっちゃくちゃ、スープがしょっぱいんです。醤油で。てか醤油だれで。

もしかしてタレ(ラーメンどんぶりにレードルで最初に入れるアレ)の量を間違って多くしてしまって、面倒だからそれをフォローしようとしてスープ多めに入れて、結果汁が多くなったのか?と思うくらいしょっぱさパネェかったです。明日成人病になるレベル。醤油味出汁でなくて出汁味醤油なのか?という位。だし醤油を3倍で割ったくらい?1人前に対して大さじ3〜4の醤油入ってる?というような感じ?3倍希釈のめんつゆを1.5倍希釈で飲んでるような感じ?

とにかく僕にとっては暴力的に塩分きつくて、もう食べません。

普通の醤油ラーメンはまた食べるかも。好きなので。かも、と言ったのは、消費税8%に伴う50円アップです。750円という値段は、もはや割安感ゼロ。この値段なら他のもの食べるわ(定食とか)というレベルの値段です。値上げする必要は多分なかったはず。便乗値上げっぽい。もっこすは節目節目で、こういう事をするところが残念です。(いつも、商品の質は下がる事はあっても上がる事はないので、実質単なる値上げばっかという印象です。)
2014/07/30 | おいしない ( ー̀~ー́ ) | コメント:0 | トラックバック:0____
| ホーム | 次ページ