【邦画】 君の名は。
君の名は


観に行こう!とは思ってなかったけど、タイミングが合ったので行った。きょう。

素晴らしい映画やと思います。ほんと素晴らしいです。(細かなところを無粋に突っ込んだりしなければ)完璧。新海さんて人しゅごひ。しかも、ドラえもん(主人公のどらえもん依存が異常)とか宮崎駿さんの作品(一部作品のファンタジーの奇形性や感情表現の幼稚性が異常)などと違い、老若男女が全てそのままスッと観られる優等生な感じで、図書館に飾られそうな、文部科学省やPTAが推薦しそうな、創価学会が薦めそうな(知らんけど)、超優良図書?です。多分アジアだけでなく、白人、アフリカ世界でもこのままでOKでは。今後もいろいろ地味に世界を席巻していきそう。

とはいえ、日本のアニメってもう何十年も前から、内容であれ作画であれ、星の数ほどあるいろんな作品がそれぞれとんでもなく高品位ですので、この作品も特別ではなくて、ありふれた、日本の最高レベルの作品の1つって感じ。「時をかける少女(アニメ)」くらいの売れ方だったなら、うんうん、そうだね、て分かるんだけど。動員が凄まじすぎて、何で?てそれは不思議。

これまで日本のクリエイター達がずっと紡いできたアニメへのエネルギーが、2016年に、この作品で、新海さんという素晴らしい人の指揮によって、たまたま奇跡のようにぴたっと結びついて一般化というか、認知されたというか、実ったんでしょうね。

何にしても、観ている途中で、観に来て良かった、と思う位だったし、観終わって4時間経った今も幸せな余韻に浸っているし、嬉しいです。こういう、バランスのいい普通のアニメ作品が、やっとこハヤオさんの独特でいびつなアニメ作品群を動員として凌駕してくれたんだ、て。今後のアニメの未来は明るいというか、これまで、ハヤオさんのあの独特のアニメを標準だと思っていた一般の人達が、あ、そうではないんだ、と、いろんなアニメに注目してくれるのでは??=アニメを見る事が特殊とかオタクとか子供とかいう事ではないという事が認知されていくきっかけになるのでは??という意味で、いちアニメファンとして嬉しいのです。(ちなみに僕はもとはハヤオファンだったので、ハヤオさんに偏見はないです。フラット。彼の作品は、母を訪ねて〜、未来少年〜、アルプスの少女〜、TVいろいろ、彼の漫画すらちらっと見て来たし、映画については多分全部みてる。リアルタイムにいろいろ観て来た中で、途中からだんだん彼の作品に嫌悪感=気持ち悪いな、てなっていった感じ)

この作品でアニメが一般に認められて(売れて)、アニメーターの給料がどんどん高くなれ!!(現在売れない吉本芸人並みにブラックらしいです)

頑張れアニメ!!アニメ万歳!!(←もはや君の名は。関係ない)
続きを読む
2017/01/19 | お気に入り…こと | コメント:0 | トラックバック:0____
【干物】 灰干し
灰干し


魚だいすき。

でも、採れたての新鮮な魚が決していちばん美味しい、て事ではない、て事、ジジイになってよく分かってきた。勿論それが一番美味しい場合もあるけどな。鮨屋みたいに熟成当然な世界もあるしな。勿論家ではそれは出来んけど。

でも、スーパーで買う魚でも、生魚だけでなくて選択肢がある。代表的なのは干物。生のきゅうりと漬け物の違いか。いや、フルーツとドライフルーツの違いかな。

時間を使って乾かす事で、濃縮&熟成という変化を経て違う食べ物になる。

そんな干物の中でも、『灰干し』というのが、おれはとてもお気に入り。生の魚と比べると倍の値段するけど。干物の中でも、特に臭みが少なく旨みが濃い感じがするんだ。どこでも売っているもんでもないけど、うちの近所では『万代』というスーパーで売ってる。

美味しいで。

灰干しとは何か。以下ネットで調べてコピペ。へー。




まず、従来の干物は屋内外の違いはあれど、例外無く風にさらすことによって水分を取り除きます。天日干しでは更に太陽の光と熱も加わります。乾燥中に熱せられ過ぎると、身が煮立ってしまうこともあるのです。ですから、天日干しは1時間程度で、残りの時間は陰干しにしていることが多いと言われています。しかし、風や熱によって乾燥処理を行うと身の表面にある旨みの元とも言える脂が減ってしまうのです。

 その為、灰干しは吸水率の高い灰の結晶で水分を取り除きます。この方法は、魚の食味の大事な要素である脂を最大限に残し、尚且つ、魚の臭みや水っぽさの原因と言われる細胞内の余分な水分『遊離水』まで取り除きます。これにより、灰干しは乾物としての干物とは違い、半分生の新鮮さ、そして干物としての食感と濃厚でありながら自然な魚本来の味を実現します。
2017/01/17 | お気に入り…もの | コメント:0 | トラックバック:0____
【ねこ】 きょうのにゃん
PC240005.jpg
2016/12/24 | きょうのにゃん | コメント:0 | トラックバック:0____
【全作品劇場生鑑賞記録更新中】 ROGUE ONE / A STAR WARS STORY
ローグワン


これまでのスターウォーズ全部劇場公開時に観て来たけど、上映3日目とかで行くのは多分はじめて。

このスターウォーズは、たぶん大々的な劇場公開作品としては初めてのスピンオフもの。なので、あんまり騒がれない=混まないのでは?と思ってたけど、ほんとにそうっぽくて、いきつけの映画館を検索したら、平日とはいえ、月に1度の映画の日(料金が安い)のに、めちゃめちゃ空席。予約。他の日もガラガラ。たぶん劇場収入に関しては、この作品ダントツに赤字とみた。

ま、それはそれとして、他のオリジナル作品と違ってあくまでスピンオフ(=後付け作品)なので、特に思い入れもないし、よりバカっぽく楽しく見よう、と思って4DX3Dで見た。

果たして、その選択が良かった。映画自体は、つまんないか面白いかでいうと、面白くはないけど、楽しかった。4DX3Dにしたのほんと正解。戦闘シーンがとても多く、その出来も良い為、4DX3Dがその臨場感を増幅してくれて。楽しかった。

4DXはシン・ゴジラで体験済だけど、2Dだったので3Dは始めて。昔にアバター見た時は、かき割り(レイヤー)みたいな平面的な立体感と、偏光レンズの眼鏡をかける事による画面の暗さが酷すぎたのと、眼鏡がデカくて重くて、これは罰ゲームか?と思ったけど、それも段々改善されてきてる。まず眼鏡が劇的に改善されてる。軽くてかけやすい。画面の暗さは相変わらずだけど、この作品は明るいシーンも多いので、まし。また、平面的な立体も、そう感じさせない場面も多くあり、特に宇宙での交戦などは、とても効果的に3Dしていて、良かった。

内容に関しては、人それぞれ思うところあるだろうけど、おれは、こんなもんだろうと思った。細かなところはどうでもいいとしても、何点か気になったところはあった。


出て来た準主人公のロボット、性能や振る舞いが現代(2016)すぎる。見た目は一見レトロっぽいけど、細かいデザインも機能も凄まじくブラッシュアップ(洗練)され過ぎてて、明らかにエピソード4時代のものではない。R2-D2やC-3POと同時代(1970年代?)では全くなくて違和感しかない。

そういうポイントは多々あって、CGに頼らず実写にこだわり、とことんエピソード4をオマージュした「フォースの覚醒」とは、詰めの甘さが雲泥の差。実際制作費も100倍くらい違うんでないかな。CGばっかりだから。本作。それいっちゃダメよ、という事かもしれないけど、残念。よくばり。

2
帝国軍の、AT-AT(調べて初めて名前知った。長ーい四つ足で歩く装甲車みたいの)って、雪の上をスタックしないように歩行型になっている、と勝手に思ってたんだけど、普通の砂のとこも歩くんかい!!と。戦車でええやないか、飛行機でええやないか、と。SF作品的な理屈というかメリットがひとつもないような感じがして、絵的に、イージーに、出したかったから出したなこれ、としか思えない。

3
最後のレイア姫、素晴らしいCGには感心したけど、ストーリーを通して全員が命をかけて紡いだ襷を、どや顔で、待ってました分かってましたみたいにセリフ。最悪。一気に冷めた。誰が決めたこれ。お偉方がやらせたのか?築き上げたものが一瞬で台無し。どっちらけ。リアルでシリアスなドラマの最後に、突然出て来てアップになった人が、「あ、これにて、一件、落着ぅ〜!!」とみえを切ったらみんなひっくり返りますよね。それをこの映画はやってしまった。

そんな感じ。スピンオフはもう1個見ないといかんのよね。面倒くさいな。それより、次はエピソード8やろ?それが楽しみ。
2016/12/19 | お気に入り…こと | コメント:0 | トラックバック:0____
【NHK連続ドラマ】 プリンセスメゾン
プリンセスメゾン


漫画なんすね、これ。原作。

今実写でドラマやってるんですけどNHKで。ここ何年か見た沢山のテレビのドラマの中で、僕にはいちばん素敵な作品です。作り丁寧だし、かつていちども見た事ない設定だし。

全8話とかかな。今3話くらい。

おすすめ。
2016/11/05 | お気に入り…もの | コメント:0 | トラックバック:0____
【加熱の仕方】 ウインナー
ウインナー

みんなだいすきウインナー。

タコさんウインナーとか子供ちゃん用の安いのは別として、シャウエッセン!みたいな、割と高い大人のウインナーのお話です。そういうのって、加熱法として

「沸騰しない程度のお湯で3分」

と書いてますよね。

僕からしたら当然それしかないだろという調理法なんですけど、それを必然として理解している人が少ない様な気がするので、なんでその調理法がベストなのかという理由を書く。箇条書きで。

・味を封じ込めてるのがウインナー。口の中で皮がパリッと割れてジューシー、んまんま、みたいなのが醍醐味なので焼くと、皮→割れる、弾力なくなってカサカサなる、苦くなる。味→ジューシーな水分が外に出て蒸発、煮詰まってピーキーな味を演出、と、ウインナーの形と調理の本来の目的を全て無視してるので、当然味も、台無し。

茹でると、

・もともとの塩分の強さが、茹でる事で程良く抜ける。

・茹でて皿に上げると、気化熱で表面の水分抜けてぱりっとなる。余分な水分も抜けるから旨みも増す。

・脂っぽさが程良く抜けてさっぱりする。

・軟骨だったり、食感の悪い雑な部位も、焼くと更に硬くなるが、茹でると柔らかくなり、食べやすくなる。
2016/10/21 | 独り言 | コメント:0 | トラックバック:0____
【歯】 正しい磨き方
クリニカ1


歯の正しい磨き方って知ってます?

100人の内99人が出来てない(やってない)と思うので、書きます。

まず歯磨き粉は、歯の健康とは何も関係ないというかどちらかというと悪い要素しかないので要らない、という事。次に歯ブラシは、毛がコンパクトで柔らかいものがいいです。いい歯ブラシあります。内緒です。とにかくコンパクトで柔らかいもの(あっ!上の画像…ナイショがッ)。人間ガシガシ磨こうとするので、それが一番ダメなので、細くて、コンパクトな柔らか歯ブラシ。

それを、20分くらいかけて、各歯を撫でるように(触るよりちょっと強い程度の力。ふざけてんのか、て位ゆるい力)、こすこすー、こすこすー、てちまちまやります。かつ、そのこすこすの振幅幅は2〜3mmくらい。横に動かす、というより、かすかに揺れてる、て感じ。

1日1回とかでええんでないかな。(←これは唯一俺の個人的意見)

テレビ見ながら、ダラダラこすこすやってたら、全然いけます。

電動歯ブラシは、必要ないんだそう。画一的で高速過ぎるもんね。手仕事に叶う手法はない、て事だと思う。

これでも歯石は多分溜まるから(磨き癖の偏りとかがあるから)、年1とか歯医者で取ってもらえば、更に完璧と思う。
2016/10/17 | 独り言 | コメント:0 | トラックバック:0____
【バンド】 ハイエイタス・カイヨーテ / HIATUS KAIYOTE
hiatus kaiyote


素晴らしいユニット見つけた。天才。(写真はボーカル&ギターであり作曲作詞もして、バンドのコアであるNai Palmさん。)

最初聴いた時は、ネオソウル(R&Bとかジャズとかハウスとかブルースとか諸々のミクスチャー音楽)?とか思ったけど違った。それどころではなかった。

ミクスチャー加減がもう半端でない。地球のかっけー音楽要素適当にガンガン盛ってみました、みたいな。

1曲の間にテンポは変わるわ、主たる楽器や諸々のモチーフ変わるわ、曲の主題も変わるわ。なのに、実験的とかでなくて自然に繋がってて不愉快でない。そこらへんが天才。

最近、高度なジャズ?を少しだけ聴くようになって、その魅力の1つに、「譜面を再生するだけの演奏マシーンではない、生でその場で作り出すスリル」というところが大いにあると思うんだけど、このユニットも聴いててそれに近い感覚がある。世のポピュラー音楽が、言葉は悪いけど、バカに見えてしまうような(よくある似たり寄ったりの単純なコードを繰り返し再生してるに過ぎないと思ってしまえばほとんどのポピュラー音楽がそうだから)。

ファレルとかレッチリとか、引き算の天才みたいな人もいるけどもね。こちらはとてもcomplex。高度さとポピュラーさを両立させた音楽ってやっぱりカッコイイ。(KOHHみたく、バカの天才みたいな音楽もめちゃカッコイイけど。)

中途半端ではない音楽って、素晴らしい。

→ SONYレコードのHIATUS KAIYOTEページ
続きを読む
2016/09/29 | お気に入り…こと | コメント:0 | トラックバック:0____
| ホーム | 次ページ